カップヌードルミュージアムはデートにオススメ!実際の写真付き体験談

このブログのテーマのひとつとして、実際に夫婦で訪れた場所の中で、行ってよかった、デートにオススメっていう場所を紹介したいと思います。

ビリーブ
今回は、大阪府池田市にあるカップラーメンミュージアムをご紹介します!

カップラーメンミュージアムとは

カップラーメンミュージアムとは、、大阪府池田市にあるインスタントラーメンの博物館です。阪急宝塚線の池田駅から徒歩10分もかからないくらいでたどり着きます。

カップヌードルミュージアム 大阪池田

「カップヌードルミュージアム 大阪池田」は、大阪府池田市にある体験型の食育施設です。「チキンラーメンファクトリー」や「マ…

このカップラーメンミュージアムは、チキンラーメンを1958年に開発した日清食品創業者・安藤百福(あんどうももふく)の業績を記念して、1999年に建てられたそうです。

安藤百福さんですが、2018年10月から放送されていた朝ドラ「まんぷく」の主人公として取り上げられていましたね。私が訪れたときもちょうどこの朝ドラが放映されていた時でしたので、その効果もあってか、かなりの人で賑わっていました。

入館料は無料ですが、後記するカップヌードルを作る場合には、別途料金が必要です。

カップラーメンミュージアムの中はどんな感じ?

カップ麺の壁

入り口を入り、メイン部分に進むと、早速歴代カップ麺たちがお出迎えしてくれます!

うわ、懐かしい!というものがたくさんあります。他方、全然知らないカップ麺もたくさんありました。世の中にはこんなにたくさんのカップ麺があったんですね。人気もなく消えて行って製品もたくさんあるのを見ると、製作者の苦労に思いが馳せます。

というわけで、この大量に飾ってあるカップ麺を見あれやこれや言いながら見ているだけでも、結構な時間を費やすことができるのですが、このミュージアムのメインはここではありません。

マイカップヌードルが作れる!

そう。このカップラーメンミュージアムでは、自分のオリジナルのカップヌードルを作ることができるのです!

オリジナルカップヌードルの値段は、300円です(※2020年4月1日から400円に改定するそうですので、皆さまお早めにどうぞ。)

カップヌードルの値段としては、300円は少しお高めかもしれませんが、買って絶対損はしません!むしろこんな安い値段で、こんな楽しい体験をさせていただけるなんてどうもありがとうという感じです。ほんと。

お絵かきを楽しむ

手順としては、まず、カップヌードルの容器を買います。

その後、設置された机に座り、購入したカップヌードルの容器に自分で好きなデザインをマーカーでお絵かきします

ちなみに、私と奥さんが作成したデザインはこちらの写真のとおりです。

このお絵かきにこだわりすぎると、キリがありませんので、ほどほどのところで切り上げましょう笑

トッピングを楽しむ

容器のデザインが終わると、次はいよいよカップヌードルの中身を入れていきます。

こんな感じで大量の麺が正面に見えますので、テンションが上がります!

このマイカップヌードルファクトリーの素晴らしいところは、トッピングを自分の好きなように選ぶことができることです!

なんと、12種類ものトッピングの中から4種類を選んで入れることができます!

トッピングの種類はこんな感じでした。

毎回同じなのか、時期によって違うのかはわかりませんので、みなさん実際に行ってご確認してもらえればと思います。

4種類から選べますが、同じ種類を複数回選択することもこともできます。

また、ベースのスープも次の4種類の中から選ぶことができます。

  1. 通常のカップヌードル
  2. シーフード
  3. カレー
  4. チリトマト

いろいろ組み合わせて自分オリジナルのカップヌードルを作りましょう!

マイカップヌードル完成後は?

こうして出来上がったカップヌードルですが、容器がつぶれないように持って帰れるように、風船型の入れ物を用意してくれています。

これに入れて持ち帰ってカップラーメンを食べましょう!

ちなみに私は、カップラーメンミュージアムからの帰り道に、ラーメン欲が高まってしまったため、駅までの道中にある某ラーメン屋に入ってしまいました笑

それでは!