【体験レポ】京都鉄道博物館に行ってきた【後編】

こんにちは!

 
ビリーブ
京都鉄道博物館に行ってきた体験記の後編を記載するよ。

  前編の記事はこちらになります。まだ確認されていない方は、こちらを先にご確認ください。  

関連記事

こんにちは!   ビリーブ コロナ禍でなかなか外出できんなあ・・・。   と言って、最近外出、遠出、旅行を控えている方は多いのではないでしょうか。 かくいう私も最近はここ数か月は全然旅行等はできておらず、とてもつまら[…]

建物の2階へ

建物の1階の展示ブース等を割と真剣に見て回っていたので、すでに2階に行く前に疲れていました笑

 

休憩したい、休憩したいぞーと考えていたところ、どうやら2階には、カフェスペースがあるとのことで、まずそちらに向かってみました。  

カフェへ

カフェスペースは結構広かったです。

先に食券を購入する食堂スタイルでした。

ちょうど窓際の席が空いており、景色もよさそうだったので、窓際の席に座ることにしました。

 

前編でも記載しましたが、私たちが京都鉄道博物館を訪れた時期は、ちょうど鬼滅の刃とのコラボをしていおり、カフェメニューもコラボ商品がありました。

 

こちらがその写真です。 ほら右側の黄色の芋が3本刺さったタルト、炎のあの人に見えませんか・・・・

       

 

2階を見て回ります

カフェで休憩をとったので、2階を見て回ることにしました。
 
こちらには、切符を特集するコーナーがあったり、案内板や座席などが特集されていました。
 
また、これ以外にも
  • 鉄道ジオラマのコーナー
  • 運転シミュレーター
があります。
運転シミュレーターはゲーセンにある「電車にGO」みたいなやつです。
こちらは結構人気のようで、またシミュレーターの数も限りがあるので、時間ごとに整理券を配っているようでした。
そのため、運転シミュレーターを絶対体験したいという方は、先に2階に行き、整理券を確保するようにするのが良いかと思いました。

SLに乗ってみる

SL広場へGO

2階を見回った後、私たちは、SL乗り場があるほうに向かいました。
実は建物には3階もあり、スカイテラス、図書資料室、ギャラリーがあるようでしたが、クタクタになっていたので、3階は見て回りませんでした。
 
建物から出て、SL乗り場に向かう道の途中からは機関車庫がこのように見ることができます。
なんとも爽快な眺めですね。
 

SL乗車料金

ちなみに、SLに乗車するためには、京都鉄道博物館の入場料とは別途、以下の料金がかかります。

区分 一般 大学生・高校生 中学生・小学生 幼児(3歳以上)
個人                 300円                           100円
 

いざSLへ乗車

SL乗り場につくと、これから乗るSLが見えました。

 

みなさんお気づきでしょうか?

そう、なんとこれあの無限列車になっています!!!

鬼滅の刃とのコラボ期間中だったので、特別に無限列車になっていたようです。

 

SLに乗り込むと、炭次郎が車内アナウンスをしていました。なお、録音はきつく禁止されていました笑

 

このSLは、京都鉄道博物館から梅小路公園の間の短い距離を走るんですが、汽車の音や煙、そして風を切る感じを楽しむことができるので、私としてはオススメです。

 

後編まとめ

体験レポ後編はここまでです。

京都鉄道博物館に興味を持っていただけましたでしょうか。

私自身、鉄道には全く興味がない人間なのですが、それでもめちゃくちゃ楽しむことができました。

近くには、京都水族館もありますし、京都観光に行かれる方は、ぜひ旅の目的地に追加いただければと思います。

 

 
ビリーブ
また、別の場所に行った際は、体験レポを書きたいと思います。

それではここまで!