【体験記】夫目線からの妊娠生活その1

こんにちは。ビリーブです。

妻氏ですが、妊活生活を経て、8月5日に病院で妊娠していることが確定、13日に心拍確認でき、現在妊娠6週目の生活を送っています(初めての妊娠です)。

またとない経験ですので、夫の私から見た記録を残していきたいと思います。

妻の様子

  • つわりで結構きつそうです。吐いたりはしていないものの、ほとんど食事がとれなくなりました。
  • 船酔いしているような感覚とのことで、食べ物のにおいがきついらしく、キッチンや冷蔵庫に近づけなくなりました。
  • といっても全く食べれないというわけではなく、おにぎり(私が作った梅干し入りのものorのりたまを振りかけたもの)、野菜ジュースなど少しづつ口に入れています。
  • 甘いものはきつく、酸っぱいや辛い物ののほうが食べやすいとのこと。
  • ちょうどお盆の時期のため、仕事も休みだったことから、基本リビングかベッドで横になって過ごしていました(ほとんど歩いていないので、運動しなくて大丈夫かという心配はあります…)

 

私(夫)のしたこと

  • 基本的には、妻氏が動けないので、要求された食べ物を提供する感じです。
  • 栄養をとるために、野菜ジュースとポカリスエットを箱買いしました。
  • 肉や魚がなかなか食べれないが、タンパク質をとりたいので大豆を買ってこいとのことで買ってきました。
  • 大豆はミネストローネ(右)にしました。

ミネストローネとポトフ

  • 左はポトフです。つわりが始まる前に大量に野菜を買い込んでいたのですが、妻氏が台所に立てなくなってしまったので、野菜を一気に調理するためポトフにした次第です。

次週に向けて

とりあえず今週はこんな感じです。

お盆が明けて、仕事が始まります。緊急事態宣言中であり、もともと週何回かは在宅勤務ができるようなのですが、その回数を増やせることができればいいのになと考えています。

それでは。